もういっこください!~盛岡の自転車乗りブログ~

 盛岡在住の管理人が、日々、自転車に乗ったコース紹介など、岩手県の自転車情報を中心につないでいきます。

2018年04月

みなさま、こんにちは

 ブログ記事をもっと書くと宣っておきながら、日々のライドが楽しくてつい更新を怠ってしまいました。
 最近は、帰ってきてすぐに寝落ちしてます。反省してます。

 早速ですが、この記事は、「1~2時間で盛岡ライドを楽しむにはどうしたらいいのん?」ということについて概要をお話しようと思います。


 さて、僕はたまに「ロードバイクを持っているけど、あんまり乗れていないなぁ」という声を良く聞きます。
 「へ~、なんで?」と聞くと、多くの人は「時間」か「モチベーション」が足りていないようです。
 そんなの、もったいない以外のなにものでもないのですが、意外とこのパターンに陥る人が多いように思います。
 実際、社会人であれば、朝起きて、仕事に行って、仕事が終わって、飯食って、寝る、というサイクルの中に、自転車の時間をねじ込むことは容易ではありません。
 ましてや、家庭を持っている人であれば、休日でさえ、自転車に乗りに行くときにいい顔しない奥様を宥めつつ、なけなしの搾りだした時間を使ってライドしているわけです。

 つまり、どうしても自転車に乗れる時間は、限られてきます。
 「乗りたいけど乗れない」が段々と「もったいないから乗らなきゃ」になって、「乗るのが面倒」となっていき、休日でさえ自転車に乗る気がしない、というパターンにハマってしまいます。

 で、そういう人はどうやって自転車を楽しめばいいの?
 ということですが、結論は簡単です。
 「1~2時間で満足度の高いライドをする」ということに尽きます。

 普段の生活の中で、キツイスケジュールの人もいるでしょうが、さすがに休日も含めれば1週間に1~2回、1~2時間位は時間が作れるのではないでしょうか?
 その時間を使って、最大限自転車を楽しんでみませんか?

 というわけで、以下に僕の考える1~2時間のライドで満足する方法を書いてみます。
 これまでロードバイクを放置していた人は自転車を掘り出して、これまでも乗ってた人は更に盛岡ライドを楽しめるようになればいいなと思います。


【手順その1】「盛岡でライド友達を作る」
 「いきなり、ハードル高すぎでは?」と思われるかもしれません。
 ですが、マジで本当にこれが一番大事です。
 一人で乗り続ける楽しさもありますが、一緒に走る、一緒に自転車語ること仲間がいることで楽しさは段違いです。
 なお、ライド友達作る方法はとても簡単です。
 下ノ橋にある「BICYCLE SHOP GRINS」に行って西田店長に「実はライド友達が欲しいんです」っていえばその日に出来ます。
 本当にできます。店長に裏を取ったので間違いありません。
 あとは、このブログにコメントで「むひっぴさんと一緒に走りたいです。」って書いても、ツイッターでメッセージを飛ばしてくれても、その瞬間にできます。これは僕が保証します。

 もちろん、他のロードバイクチームのあるお店に行っても良いでしょう。
 こちらは、裏を取っていないので、保証はしかねます。


【手順その2】「自分のライド情報をデータ化・視覚化して挑戦する」
 楽しいライドには、ドキドキ・ワクワクがあるというのが、普段から僕の思っていることなのですが、ワクワクのための第1歩は自分の状態を捉えて、昨日できなかったことに今日挑戦するということかと思います。
 自分の状態を把握するために必要なものは2つ、「サイコン」と「スマホ」です。

 サイコンは言わずもがな、サイクルコンピューターの略なのですが、基本的にはライド中のスピード・ケイデンス・心拍などを測定する機械です。
 上記の3点に加えて、できるならば、GPSで走行時の位置情報のログがとれるものが最高です。
 「GARMIN」だったら「EDGE25J」がスピード・ケイデンス・ハートレートセンサー込みで3万円しませんし、「LEZYNE」なら「SUPER GPS」なんかは概ね同程度の価格帯でかなり高機能なものが買えます。
 どちらにしても、10万円以上で買った高価なロードバイクにホコリをかぶせないためのコストと考えると正直安いと思います。

 そして、スマホには「STRAVA」というアプリを入れましょう。
 このアプリは、ランニングやサイクリングの記録を友達と共有できるものですが、このアプリのすごいところが2つあります。
 一つ目は、スマホでGPSデータを含めたライド情報を記録できること。
 もちろん、GPSサイコンで計測した方が正確だったり電波が弱い山頂ではデータ飛んだりしますが、実際計れてしまう。タダで計れてしまう。すごすぎる。
 上で紹介したGPSサイコンなんかのアプリと同期してしまえば、スマホに同期した瞬間にライド情報がそのままSTRAVAにデータが上がるという寸法です。すげぇ時代に来てしまったもんだ!!
 二つ目は、「セグメント」という概念です。
 例えば、普通に走っていて、坂の入口から山頂までの区間(セグメント)を何気なく通過したとしましょう。
 STRAVAがこの区間のライドデータを読み込むと、あなたがこの区間を〇分〇秒で走って、これまで走った人の中で〇〇位、友達の中では〇〇位です、あなたの最速記録は〇分〇秒です、といった情報がパッとわかります。
(セグメントは誰でも設定することができるそうですが、僕はまだやったことがありません。)
 そして、これが短時間ライドには間違いなくハマります。
 1~2時間のコースの中で、あと平均時速何キロ早ければ友達を追い越せるのかハッキリとわかります。
 これだけなのに、かなり面白い。
 自転車は乗れば乗るほど速くなります。
 昨日よりもっと早くなっている達成感は、かなり大きいのです。
 そして、人間の脳内麻薬が最も分泌される瞬間は、「達成感に包まれた時」です。
 人生において中々得ることのできない「達成感」をお手軽に得ることができてしまいます。
 これは、遺伝子レベルで自転車乗りたくなるはず。
 大げさに言いましたが、これは、是非経験してほしいです。
 なお、手順1のライド友達を作るところから入ると、負けたくない相手ができて、なおよいです。


【手順3】「盛岡市内から1~2時間で満足できるコースをストックする」
 手順2までの行程を経て、どのようなコースを作るのかということですが、
 気を付けることは、①周回ルートにする、②2時間以内で帰ってこれる距離に収める(20~50kmほど)、③信号を避けるルートを見つける、④上り坂をルートに入れる、④ご褒美がある(景色・食など)といったところです。
 で、盛岡市内からその条件を満たそうとすると、エリアは限られてくるのです。
 なんとなく分類するとこんな感じです。
 ①「岩山方面」(山の中の道・3km程度のセグメントが多い)
IMG_8382_LI

 ②「御所湖方面」(湖周り・平坦中心)
IMG_0318

 ③「雫石方面」(ながらかな長い登り・山肌付近はハードな登りも)
IMG_0320

 ④「玉山方面」(平坦・ロング登りなんでもござれ)
IMG_8507

 または、この混合ルートといったところでしょう。
 (どの写真も岩手山写ってる…)

 僕もお邪魔しているGRINSの日曜に開催している朝練では、毎回、2時間で満足できるコース設定になっているので、一度来てみるのも非常に良いと思います。
 来たい方は、GRINSの西田店長までお話してみれば良いですよ。

 それぞれのエリアの詳しいコース・セグメントについては、別の記事で書こうと思います。



といったわけで、以上の3つの手順を踏んでいただいてもっと盛岡のライドを楽しんでいただきたいと思う所存です。

 あとは、個人的に、盛岡すごいなぁと思っていることをツラツラと書いていきたいと思います。
 東京大田区にいたころに一番悩んだことは、近くに満足できるほどの登坂が全くなかったことでした。
 多摩川はどこまで行っても平坦だし、神奈川方面もずっと平坦、近くは信号だらけで、練習できるような登りがない。
 登りに行こうと思ったら、朝早くから電車で奥多摩方面に1時間以上乗って青梅駅からライドを始めるしかないといった感じでした。
 なので、盛岡の「10分走れば、満足できる坂がある」しかも「すぐに信号の少ない道に出る」そして、「30分走れば絶景に出会える」という状況が凄まじく尊いわけなのです。
なので、心の底から思います。
 「もっと盛岡でロードバイク乗る人増えないかなぁ」と。

みなさま、こんにちは

 突然ですが、このブログは、口に出すのも恥ずかしいほどアクセス数が少ないブログです。
 しかし、最近、少ないながらも、ちょっとだけブログへのアクセスが増えています。
 なんでなんだろうと考えて、GOOGLEで「盛岡 ロードバイク」で検索してみると、自転車屋さんのホームページが4~5個位あって、その次あたりにウチのブログがヒットしていることに気が付きました。
 ほんのりうれしいのと同時に、「マジかよ・・・」って思いました。
 なぜかって、開設以来平均月1回も更新できていない場末ブログが、なんだか盛岡代表みたいにブログとして一番上に表示されるのは何か違うと思ったのです。
 だって盛岡には自分なんかよりもっとヤバいライドをかましている人も絶対にいるはずなんですよ。
 なのに、こんな事態になるのは、盛岡民があまり自分の情報を発信しない奥ゆかしさがあるからだと思うと同時に、盛岡のロードバイクの盛り上がりが足りないんじゃないか?と思ってしまうんです。
 (まあ、正直ブログタイトルに「~盛岡の自転車乗りブログ~」って書いているのもあると思うんだけどね)
 でも、正直、盛岡のロードバイク乗りがもっともっとも~~~っと盛り上がってほしいと切に願っています。

 もっと盛岡のロードバイク人口が増えて欲しいし、
 もっと盛岡の人にロードバイクの面白さ・可能性に深くハマり切って欲しい、
 もっといろんなイベントがあったらいいなと思うし、
 もっと道や人が自転車乗りに優しくなってほしいし、
 もっとロードバイクで人が幸せに笑顔になれることを知ってほしいんです。

 盛岡は市街地だから市内のポタリングだってやりやすいし、少し走ればクライマーを唸らせる山がにいくつもあって1~2時間の限られた時間ですら満足できるコースが組めます。
 競技をしたい人には県内でも大会がいくつもあるし、隣県まで足を伸ばせば毎週だって大会参加ができます。
 なんだって気軽にできるんだよ盛岡は!もったいない!!

 と、一人でヒートアップして脳内電波をまき散らしながら空回っているわけですが、こんなことを思ったわけです。

 そして、「自分に何ができるのかなぁ」とも。
 
 そして思うわけです。
 盛岡のローディーが盛り上がるために、もっとわかりやすくて、面白いライドをする記事を量産するしかないな、と。
 というか、そもそもこれまでロングライドの記事しか書いてないな、と。

 とりあえず、もっと更新する決意を新たにいたしました。
 ライド以外の話ももっと積極的にやっていきます。
 今日は、こんな決意表明でした。

みなさま、こんにちは

 当ブログでは、これまで、主に自分が好き勝手にロングライドをやっている記録を掲載してきましたが、当たり前なことに、メンテナンスで困ったときとか、週末に〇〇km走りたいんだけどとか、あの用品が欲しいんだけど性能どんな感じなのとか、いろんな面で自転車屋さんに教えて・支えていただいています。

 これまで、自転車屋さんの具体的なお話をすることは、なんとなく避けてきましたが、これを書いている今は4月なので、「春になって実はロードバイクが欲しいけど、盛岡で買うときにどこに行ったらいいのん?」と密かに思っている方も多いかと思います。
 そもそも、なんとなくロードバイク欲しいけど、どこに行って買えばいいかわからないし、どんなのがいいのかわからない、結構高いらしいし、いきなり専門的な説明されてもきっと困るだろうなぁ。
 と、買う前の不安というのは、数え上げればキリがありません。

 そんなわけで、そんなに怖がらないでおくれよ、という思いを込めて、盛岡市内で自分がお世話になっているロードバイクを売っている自転車屋さんをご紹介をしたいと思います。

 私がお世話になっている自転車屋さんは二つです。

1.「サイクルショップタニフジ上田店」
 国内シェアの高いスタンダードなロードバイクについて聞きたいならここ!って感じです。
 店内には所狭しとロードバイクがディスプレイされていて、スタッフの方も非常にロードバイクのことを良く知っています。
 なにより、ロードバイクのことを聞いた時の対応がめっちゃ親切!
 職場の後輩にロードバイクをオススメしたときは、このお店で購入してました。

 ロードバイクの取り扱いは、「TREK」「CANNONDARE」「GIANT」「PINARELLO」「SCOTT」など日本国内でのシェアの高い安心ブランドが中心で、外れがない感じです。
 僕としては、盛岡市内で愛車のSCOTTを取り扱っている唯一の自転車屋さんなので、調子悪くなった時のメンテナンスをお願いしています。
 僕は、輪行ですぐにリアディレイラーのハンガーをまげてしまうので結構お世話になっているんです。

 あと、レーシングチームがあって、たまに道で見かけると真っ青になるほど速いです。
 でもチーム員の人に聞いてみたら、大会で記録狙うグループもあるし、気楽に辺りを走るだけのグループもあるんだとか。

 住所:岩手県盛岡市上田1-15-18(岩手県立中央病院の近くです)




2.「BICYCLE SHOP GRINS」
 一味違った自転車に出会いたいならここ!といったところでしょうか。
 ロードバイクのみならず、シクロ・ファット・BMXとなんでもござれの幅広い品ぞろえのお店です。
 2015年開店の新しい自転車屋さんですが、イケメン店長さんの腕と知識は確かなもので、相談すると大抵のことはなんとかなります。
 店長さん本人もロードバイクに乗りますし、めっちゃ速いです。
 盛岡近郊をいっぱい走っているから、こんなコースを走りたいんだけど…と尋ねれば、ドンピシャリのコースを教えてくれますよ。

 取り扱いブランドは、「FELT」「JAMIS」「ANCHOR」「NEILPRYDE」「CIERO」「FUJI」「ALL-CITY」などなど多岐にわたり、どれも日本国内では、他の人とそうそう被らないけど、性能は折り紙付きのものばかり。
 自転車購入後のお店側のケアもかなりのものです。
 用品類の購入でお世話になっていますし、SHOPの朝練習には、僭越ながら時々ご一緒させていただいてます。
 朝練習は、その日参加できる人が集まって、大体4~8人位で朝7時から2時間程度走ります。
 時間が短い分、密度が高い練習となっているので、置いて行かれないように頑張らなければいけません。
 その他にも、夜練習やキャンプライドなど企画満載のお店となっています。
 店の居心地がよくて、特に買いたいものがないときでも、お話をしにフラッと寄りたいお店になってしまいました。
 お店のブログもありますので要チェックです!




 ということで、盛岡のロードバイクを売っている自転車屋さんを二つ紹介しました。
 どちらの店も相談しやすいので、買うか迷ったら、とりあえずお店に行ってみるのがいいかも!

みなさま、こんにちは

 時期的に春を迎えて街のあちこちでロード乗りを見かけることが多くなりましたね。
 ただ、まだ朝は身震いして手足が凍える位に寒い日もあり、ローディー同士で「最近、暖かいね!」と素直に言い切れない三寒四温の微妙な時期であります。

 そして、きっと東北のローディーは、みんな同じように天気予報に一喜一憂しているんだと思うと趣深いものがありますし、この「寒い」と「暖かい」の境界線上で他のローディーがどんな服装で走っているのか観察するのも非常に面白いです。

 そんなことを思いながら、僕は室内でローラー台を漕ぐだけの状態から、少しずつお外の世界に羽を伸ばすようになって来ました。シャバの空気うまいです。

 そんな折、僕は、大宮から盛岡までの500km級ロングライドをすることになりました。
 知り合いがやると聞いて、ご一緒させていただくことにした形です。
 ただ、キャノンボールに挑戦して何度もリタイアして500kmのえげつなさが身に染みている僕としては、さすがにぶっつけ本番とはなりません。
 やっぱり、4月上旬に300km位のライドを1回やっておきたい。
 そして、どうせならロケハンも兼ねて4号を片道ライドでドーンと南に行ってみたいと考え、盛岡から4号を南に300kmをなぞっていくと、福島県郡山市辺りだと判明。
 福島県にはこれまで行ったことないし、これは楽しそうだと、郡山市までのライドに決定したというわけです。
 そして、調べてみると、郡山の近くに日本三大桜の「三春滝桜」があり、4月7・8日の辺りは見ごろだというではないですか。
 
まだ岩手まで桜前線は来ていませんが、その週末は福島が真っただ中だし、これなら桜前線をお迎えに行けるじゃん!めっちゃ素敵じゃん!

 ということで、福島までのライドは「桜前線お迎えライド」と銘打つことにしたわけです。


 スケジュールは、金曜夜に早く寝て、土曜早朝に盛岡を出発、土曜夜に郡山市に到着して一泊、日曜朝に三春滝桜を見て新幹線で帰るというもの。
 事前に、宿を取り、宿に宅急便で着替えやら何やらを送って準備完了しました。


 さて、今回のルートは以下のとおりです。


 詳しくはこちらから

 特徴は特にありません。素直に4号線をひたすら南下するだけです
 ルート上で迷いやすい場所は非常に少ないです。
 水沢IC付近で4号線を見失わず、郡山市街地に入る場所さえ間違え無ければほぼ迷わないと思います。
 ただし、起伏はそれなりにありますので注意が必要ですね。


IMG_0197
 当日、4時に起きて5時に出発。
 天気予報では3時まで雨でそれ以降は降水確率40%とかいう微妙な予報でしたが、外に出てみると意外と天気は悪くありません。
 でも、寒い。GARMINは0℃だって言ってます。
 早く走って温まらなくては。

IMG_0196
 前日に自転車も整備したし、準備OK。
 出発です。

IMG_0198
 雨は降っていませんが、写真のように路面は濡れており、ところどころ水たまりも残っています。

IMG_0201
IMG_0203
 早朝の4号は車も少なく、気持ちよく走れました。
 結構道幅もあって、路面の凸凹も少ないです。ただ、4月だからか路側帯には砂利が堆積していて、白線上を走らざるを得ない状態です。

IMG_0205
 世界遺産を擁する平泉では、セブンイレブンもダイハツも、景観を損なわないように看板の色をセピアに変えているようです。へ~。

IMG_0212
 一関まで来ると桜が開きかけていました。早いなぁ。

 ちなみに、岩手県抜けるまでの100kmは、休憩込みで平均25km/hと僕としてはオーバーペースで進んでおり、当時の僕は「冬にローラー練習したから快調だなあ!郡山に早く着きすぎたら、街に繰り出して名物料理が食べよう!」と、捕らぬ狸の皮算用&死亡フラグ建築を進めていたわけです。浅はかで、頭が成長していないことが、今になるとよくわかります。

 なお、宮城に入ったことを告げる看板は撮影しようと思っていたのですが、見逃してしまったのか撮影できませんでした。残念。


 そんな調子で進み続け、仙台市に入っていくと、渋滞が発生していて、ペースはゆっくりに。
街中の走行は神経を使うので、ジンワリと疲れが溜まっていきます。

 車の横をゆっくり走りながら横を見てみると、桜が概ね満開に。
 「あれ?桜前線もしかして追い抜いちゃう?」と不安になり、「なんならもう帰った方がいいのか?」と弱い自分が顔を出し始めます。
 脈絡なくライドをやめたくなるのは、大抵は疲労が原因であることが多いです。
 多分、岩手で調子に乗って飛ばしすぎたのが、既に効いていました。
 まあ、宿に荷物を送っているので、そう簡単に帰るわけにはいかないのが、ある意味良い歯止めになっています。

IMG_0213
 そんなこんなで、仙台市を抜けて、200km地点名取まで来ると、ここで爆風向かい風に遭遇。
 予報では、風速7〜8mとありましたが、体感的にもそんな感じです。
 右に左に正面にと殴られ続けます。
 しかも、道は1%の登り坂。
 心拍数170で漕いで時速15km…
 平地でインナー入れるのは浜松の向かい風以来です。
 アウターが吸った汗を向かい風がガッツリと冷やしていきます。
 ツライと思うたびにサイコンを見てしまうので、全然進んでる気がしません。
 こんなの、ロングライドじゃない!寒中パワートレーニングだ!と頭の中で叫びながらひたすらクランク回してました。

IMG_0220
IMG_0222
 でも、桜は見事に咲いています。
IMG_0221
 柴田とか大河原とか桜まつりの看板が続きます。

IMG_0224
 どこまでも続くと思われた1~3%上り坂もとうとう終わり、福島県に到達。
 やったー!もうゴールって言っていいんじゃないかな!!
 そして向かい風は健在だー!たーのしー!(錯乱)

 そんなこんなで、爆風に揉まれ錯乱しながら走り続けること延べ3時間。
 ようやく日が落ちて、風が落ち着きます。
 助かった。

 3年前の自分だったら、絶対にこの向かい風でリタイアしてたなと、自分の成長を実感します。

 その後、長めの下り坂を経て福島市街地に入りますが、もはや写真撮る気力はなくスルーしてしまいました。
 そこから先は、暗闇の中でひたすらクランクを回す時間が過ぎ去ります。
 福島市街地を抜けてから郡山市まで約40km。
 それが、また長い。
 なぜかって、登り基調だから。
 3~4%の坂が続き、その後はアップダウンが続く地形でした。
 この辺はルートラボを詳しく見てみればわかるんじゃないかな!
 向かい風に削り取られた脚には地味にツライよ。

 そうやってなんとかたどり着いた郡山市!
IMG_0226
 ここで、ガッツポーズとともに「着いたーーー!!」と叫ぶ僕。いや、着いてないから。
 ここからは、4号を離れて郡山市街地へ。

 道中にあった「びっくりドンキー」や「すき屋」に入りたい気持ちをグッと抑えて、とりあえずゴール地点へと急ぐ。
 ドキドキしながら市街地を走ることしばし。
IMG_0240
 郡山駅に着いたーーー!!!
 きつかった!でもやった!!
 そして、寒くて死んじゃう!!とGARMINをみてみると2℃って言ってる。
 ( ̄∇ ̄;)ハッハッハ どうりで寒いわけだ!!

 それから、松屋で「ありがてぇ・・・ありがてぇ・・・!!」ってつぶやきながら牛丼を食べ、ホテルにイン!そしてシャワーを浴びたら即寝オチ!
 そこまでの経過の写真は全部ございません!もはや写真を撮る余力がございませんでした!
 そんなこんなで郡山市までのライドはひと段落。

 一日目のリザルトはこんな感じでした。

 ・経過時間 14時間21分
 ・平均速度 22.2km/h
 ・走行時間 12時間32分
 ・平均移動速度 24.5km/h
 ・消費カロリー 5,477kcal
 ・休憩回数 9回

 
前半の貯金があったから、後半の休憩が多かったのにも関わらず、思ったより早いペースでゴールできました。これも自分の成長かと思うとややうれしいです。

IMG_0245



 そして、二日目。
 今日は花見ポタリングです。

 まず、起きると予想どおりに身体がバッキバキ。
 お風呂に入ってストレッチをしてからホテルを出発します。
 そしてまたも「松屋 郡山芳賀店」にて牛丼特盛を食べて始動。

 三春滝桜は郡山市街地から15km位離れているから、とりあえず、街中の桜から見ることに。
 それにしても、昨日から思っていたけど、福島県って桜がとても多いよね。
 なんでだろ。
 町の至るところに桜が植えてあって街中は春一色でした。

 まずは、麓山公園。
 池と桜の配置が素晴らしく。朝日が差し込んでとてもきれいでした。
IMG_0252
IMG_0259
IMG_0265

 そして、もう少し進んで、開成山公園。
 この公園は、五十鈴湖を中心として1,300本の桜が植えられている公園。
 桜並木を見て歩くのがとても楽しい。気持ちのいい場所でした。
IMG_0275
IMG_0276

 さあ、ここまで見てきて真打の三春滝桜に向かうわけです。
 とはいえ、たった15kmでも本日の僕はひざガクガクの足プルプルなわけで、まったりとリハビリがてらライドをしました。
IMG_0278

 三春滝桜は、その名の通り三春町にあります。
IMG_0279

 繰り返されるアップダウンに昨日こさえたトラウマを刺激されつつ、ゆっくりと登っていきます。
IMG_0281

 滝桜を見に並ぶ渋滞が、朝の時点で2.5km。
IMG_0282

橋の上から見る景色も春らしくて良いですね。
IMG_0283

 三春滝桜の観覧料は300円でございます。
 今年は大雪で枝が折れたを聞いていたから、見れるか心配していたのですが、期待にしっかりと応える威容を見せてくれました。
IMG_0285

IMG_0286

IMG_0287

 うむ!大満足!!

 というわけで、その後は郡山駅からやまびこに乗って帰ってきたわけです。
IMG_0292

 お土産は、薄皮饅頭のサクラミルク味。
 桜の風味と甘じょっぱい餡とのマリアージュが楽しめる素晴らしい品でした。
IMG_0291

 今回の2日間を一言で表すなら、「やっぱりロングライドは楽しいな!!」ってことに尽きるっすね!!
 みんな、春からロングライドしようぜ!!

↑このページのトップヘ